本ブログは、GMOソリューションパートナーが運営する本社ブログです。 当社ブログ更新担当者により、社内の様子や、オーガニックなブラックコーヒーも無料と評判のカフェ(社員食堂)GMO YOURSのレポート、渋谷周辺グルメ情報などをざっくばらんに発信していきます!お仕事の合間・コーヒーブレイク時にでもお読みいただけますと幸いです!採用・求人にも力を入れておりますので、IT業界・営業のお仕事など内容に興味のある方は、今すぐこちらの採用情報の応募フォームからエントリー!

これで会社の評判も上々!?印鑑にまつわる基本的な3つのマナー

0

    皆様こんにちは。
    GMOソリューションパートナー株式会社本社ブログ担当です。

     

    さて、本日は
    社会人であれば知っておくべき、
    だけど意外と正しく知っているとは限らない、

    印鑑にまつわる3つのマナーについて伝授致します。

     

    ネーム印や認印は誰でも使う機会がありますが、
    実印、契約印、角印などについては、普段使わないので
    マナーなど知る機会がない、という方が多いのではないでしょうか。

     

    GMOソリューションパートナーの社内でも、
    全ての仲間が印鑑に関わっているわけではありません。

     

    しかし、いざというとき必要になって慌てては遅いのです。
    しっかり勉強しておきましょう。

     

    「あの会社は印鑑の押し方がいい加減だ」などと
    評判が立ってはたまったものではありませんからね。

    1.訂正印の押し方

     

     間違った部分について訂正する際の方法は、以下のとおりです。

    • 間違えた箇所を二重線で削除する。
    • 近くに正しい文章(文言)を記入する。
    • 「削除○字 加入○字」
    • 間違えた箇所のすぐ近くに押印する。

     

    2.割印の押し方

     

     同じ文面の書面を2部以上作成し、当事者それぞれが保持するとき
     書面同士の関連性を示すため割印を行います。

    • 書面を重ねて、上下に少しずらす。
    • すべての書面に印鑑の一部が映るように押印する。
    • 契約相手方に一部を渡す際は、割り印の上部が写っている方を渡すと丁寧。

     

    3.捨印

     

     通常、契約書等の文書は捺印によって効力が発生し内容が確定しますが、

     捺印後に文書内容を訂正できるよう
     書面欄外にさらに1箇所捺印しておくことがあり、これを捨印と言います。

     

     つまり、訂正印をあらかじめ押しておくようなイメージです。

     

     捨印は書面の訂正の繰り返しを防ぐ上で
     便利な場合がありますが、
     相手が勝手に文書の内容を変えてしまうことになるので、注意が必要です。

     

     

    さて、ここまでマナーについてお伝えしましたが、
    最後に最も重要なことをお伝えしておきます。

     

    それは、印鑑を押すときは綺麗に心を込めて押す、ということです。

     

    そもそも、通常の印鑑はゴム印等と異なって、
    押しにくいように出来ています。

     

    美しく押すことに神経を使うことで、
    文書の重要性を担当者がしっかりと認識することができるのです。

     

    皆様、お役に立てたでしょうか?

    以上、GMOソリューションパートナー本社ブログ担当でした。

     


    コメント
    コメントする








       

    Google+

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:289 最後に更新した日:2017/12/01

    search this site.

            

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM